ARTIST

MALTA(サックス奏者)
MALTA(サックス奏者)

MALTA(sax)ブッキング・オファーCONTACTへ

MALTAのブッキング・オファーは、

CONTACTへメールお待ちしております!

 

MALTA/サックス
1949年鳥取県倉吉市出身
1973年 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業 
1976年 バークリー音楽大学インストルメンタルパフォーマンス学科卒業後、同校で教鞭を執る。
1979年 名門ライオネル・ハンプトン楽団に迎えられ、同バンドのリードアルト奏者・コンサートマスターに就任
1983年 帰国後デビューアルバム「MALTA」を発表1986年 「SPARKLING」発表、第一回日本ゴールドディスク大賞受賞1987年 アルバム「HIGH PRESSURE」発表、全米でも発売
以降、NY、ロンドン、LA でもリーダーアルバムのレコーディングを行うなど、ヒット曲多数
1999年 「北京国際音楽祭」で公演
2008年 大阪芸術大学教授に就任
2010年 ショパン生誕200年記念アルバム「MALTA de Chopin」(MALTA でショパン)発表
2011年 MALTA ジャズ・ビッグバンドを結成。アルバム「MALTA Jazz Big Band~TOKYO LiVE~」、
「LIVE IN JAPAN~Jazz Up, Back Up,Dress Up,」発表
2013年 30周年記念アルバム「MALTA Rock’n / Love Balladz」発表
MALTA イレブンオーケストラ、MALTA 七人のサムライジャズの活動
2014年 東京藝術大学演奏藝術センター客員教授に就任
2015年より「GRADUATE」、「Miracle Rainbow」、「MALTA PLANET」
毎年オリジナルアルバムシリーズを発表 
2018年 究極のニューベストサウンドアルバム「MALTA Festa」「MALTA Like You!」2枚同時発売
2019年母校である東京藝術大学「奏楽堂」にてコンサート開催
2019年 「Fly Away Setting Sun」、「I Love DAiSEN-アイラブ大山-」
大山ブランド会親善大使就任
毎年開催される「倉吉天女音楽祭」の音楽監督、2011年度より倉吉市の観光大使
2013年から5年間、東京藝術大学「ジャズイン藝大」をプロデュース
全国のアマチュア吹奏楽団のクリニックや共演、高等学校芸術鑑賞会での公演など文化教育面にも力を注いでいる。
またクラシック、ジャズ界の新進気鋭アーティストのプロデュースを手掛けるなど、後輩の育成、音楽発展に向けた幅広い活動を行っている。

ギラ・ジルカ(Vo)
ギラ・ジルカ(Vo)

ギラ・ジルカ

イスラエル人の父と日本人の母を持ち、神戸で産まれ育つ。神戸のインターナショナルスクール卒業後、バークリー音楽大学に留学。`10年「第11回神戸ジャズ・ヴォーカル・クイーンコンテスト」でグランプリを受賞。同年に自身初となるソロアルバム『all Me』をリリースし、ジャズ専門誌をはじめ一般紙や新聞でも大きく取り上げられた。その後も、`11年にセカンドアルバム『appearance』、`13年に【SOLO-DUO ギラ・ジルカ&矢幅歩】としてミニアルバム『breathing…』、`13年にサードアルバム『Day Dreaming』をリリース。ジャズにパワー溢れるソウルフルなエッセンスを加えたヴォーカルは聴く人を楽しく癒す。現在、歌の指導を精神面からリードする「Vocal Workshop Live」を展開中。

三木成能(MIKI NARIYOSHI)
三木成能(MIKI NARIYOSHI)

三木成能

三木成能 (Pf&Key)

埼玉県上福岡市出身。幼少期よりピアノを習う。
武蔵野美術大学在学中よりジャズの演奏を始める。
98年キングレコード『ジャズ新鮮組』への参加を契機に、
幾多の日本を代表するジャズミュージシャン達と共演を重ね、研鑽を積む。
2009年1stアルバム『PURPLE MOON』を発表。
2018年までSax奏者MALTAのバンドに10年間在籍。
2019年2ndアルバム『Challenger』を発表。同アルバム収録曲の自作曲3曲がアメリカの国際楽曲コンペISC(International Songwriting Competition)でファイナルとセミファイナルに選出される。
現在は自己のユニット、江古田クインテットの他、日本の古い楽曲をジャズで演奏する童謡トリオで「Japanes Standards」を2021/06/23リリース

 

ーーーーーーーーーーーー
「Japanes Standards」
MKR002 2,500(税込)

 

童謡トリオ
三木成能 pf & melodion
江上友彦 b
勘座光 ds

 

【Tracks】
1. 荒城の月
2. 浜辺の歌
3. ふるさと
4. 赤い靴
5. 赤とんぼ
6. かごめかごめ
7. 椰子の実
8. 夕焼け小焼け
9. さくらさくら
10. 上を向いて歩こう
11. メダカの学校
ーーーーーーーーーーーー
日本人の魂とも言える童謡・唱歌、古謡などの古き良き
ジャパニーズ・スタンダードをピアノトリオでジャズに体現した作品。
日本人の魂とも言える童謡・唱歌、古謡などの古き良き楽曲
はスタンダードとして十分ジャズの演奏の素材たり得ます。
原曲の世界観をなるべく壊さずにジャズの表現手法でピアノ
トリオで演奏しました。
コロナ禍のこの時代、日本人の心に真に響くのはこういった
魂に刷り込まれた曲たちであると確信して制作したアルバム
です。(アーティストより)
ーーーーーーーーーーーー

 

こちらのSTOREにて販売中!

AKIマツモト(piano&key)
AKIマツモト(piano&key)

AKIマツモト

AKIマツモト(pf&key))プロフィール

島村楽器にてピアノを始め、東京藝術大学音楽学部附属音楽高校を経て、東京藝術大学器楽科卒業。
第19回島村楽器ピアノコンクール 金賞及びグランプリ受賞。
第28回江戸川区音楽協議会新人演奏会出演オーディション ピアノ部門第1位。
在学中に、ジャズサクソフォン奏者であり東京藝術大学客員教授であるMALTA氏が代表を務める株式会社マルタジャパンと契約。
ATLAMレーベルよりPasso a Passo & AKI マツモト1stアルバム「Ġ did fuzjoninja」リリース。
​大学卒業後、ポップス・フュージョンに新たな方向性を求め、​演奏活動の傍ら楽曲制作を行い、渋谷JZ Brat,六本木Clapsなどでリーダーライブを行う。

また、アンサンブルピアニストとしても幅広く活動しており、管楽器、とりわけサクソフォンとの共演多数。

第9回スロベニア国際サクソフォンコンクールにて公式伴奏を務める。

TV朝日「題名のない音楽会」BS朝日「恋するクラシック」出演。

2020年8月株式会社MUSIC&FOODと契約。

宮越悠貴
宮越悠貴

宮越悠貴

宮越悠貴(みやこし ゆうき) ソプラノ&アルトサクソフォーン
TV朝日「題名のない音楽会21」にて、故羽田健太郎氏、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。その他、多数のメディアに出演。日本サクソフォーン協会第13回ジュニアコンクール第1位入賞。MALTA氏率いるMALTA Jazz Big Band、MALTA 11 Orchestra plus Oneのレギュラー出演。JAZZへのアプローチも積極的に行う。上原弘子、彦坂眞一郎、大城正司、貝沼拓実、須川展也、MALTA各氏に師事。2009年度ヤマハ音楽奨学生。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て,大学、大学院へ。 在学中にアカンサス音楽賞受賞。The Rev Saxophone Quartet 結成。「新バンド名前記載」のリーダーとしプロデビュー。新星スターとしてクラシック、ジャズと活躍中。

ショートプロフィール
東京藝術大学附属高校を経て、同大学器楽科及び修士課程修了。在学中にアカンサス音楽賞、同声会賞受賞。JAZZへのアプローチも積極的に行い、MALTA Jazz Big Band、MALTA 11 Orchestra plus Oneにはレギュラー出演。サクソフォン以外にフルート、クラリネットも演奏する。サクソフォンアンサンブルを中心に、作、編曲も手がける。

Saxophone Quintet Five by Five : “Five by Five”
Saxophone Quintet Five by Five : “Five by Five”

Saxophone Quintet Five by Five

サクソフォン クインテット “ファイブ バイ ファイブ” (Saxophone Quintet “FIVE by FIVE”)は、宮越悠貴が率いるサクソフォーン五重奏団。
”FIVE by FIVE”とは、「五感を満たす」「最高!」「すべて順調!」といった意味を持つ。
このバンド名には、「五感を満たす最高の音楽」を作りたいと願う我々の想いが込められている。
また、編成やパート、ジャンルなどが「フレキシブル」に変化する従来には無い全く新しい発想をコンセプトにしている。

Saxophone Quintet Five by Five ~サクソフォン・クインテット ファイブ・バイ・ファイブ~
・宮越悠貴 (Soprano Saxophone)
・スティーブ・チェイ (Alto Saxophone)
・宮越アツシ (Alto&Tenor Saxophone)
・KENTA (Tenor Saxophone)
・田中奏一郎 (Baritone Saxophone)

音楽界の常識を破る、衝撃のデビュー作!!
クラシックとジャズ、1枚で2度楽しめる型破りのCDです。

世界的ジャズミュージシャンMALTA氏の教え子達が、注目のスターとしてデビュー!

世代を担う若手奏者が集結しました。
クラシックからジャズまで吹きこなすスーパープレイヤー達による、全く新しいサクソフォンクインテット”FIVE by FIVE”。
【収録曲】
1.Up high above the Beautiful Rainbow / MALTA
2. Japaldi 『春』 / 追栄 祥
3. Om bra mai fu / G.F.Handel
4. Remix of William Tell?
5. Face to Face / MALTA

Saxophone Quintet Five by Five ~サクソフォン・クインテット ファイブ・バイ・ファイブ~
・宮越悠貴 (Soprano Saxophone)
・スティーブ・チェイ (Alto Saxophone)
・宮越アツシ (Alto&Tenor Saxophone)
・KENTA (Tenor Saxophone)
・田中奏一郎 (Baritone Saxophone)

Saxophone Quintet “Five by Five” PV

Trombone Quartet Capriccio
Trombone Quartet Capriccio

Trombone Quartet Capriccio【カプリッチョ】

【カプリッチョ】Trombone Quartet Capriccio

「トロボーンカルテット カプリチオ 」(Trombone Quartet Capriccio)は松永 遼 (まつなが りょう)率いる、首都圏の音楽大学トロンボーン専攻在校生、卒業生により結成。
2016年3月に行われたトロンボーンカルテット イン ジパングコンクルールにて第2位を獲得。その後、2016年6月、アメリカ・ニューヨークで行われた国際トロンボーン協会(International Trombone Association)主催の「ITA Trombone Quartet Competition」にて優勝。世界から注目を集める。
 クラシックのみならず、ジャズ、ポップスなどにも積極的に取り組む注目のアーティストグループである。Capriccioとは「気さくに」という意味があることから、メンバーは皆気さくで、とても明るいことも特徴。演奏を聴いて頂ける全ての皆様に笑顔になって頂けたらという願いも込められている。質の高い演奏を提供していけることに全力を尽くしている。

Trombone Quartet 1st Album「Liberty」プロモーション動画
【収録曲】

1.Tiger Rag
(A.Sbarbaro・E.B.Edwards他)

2.Gospel Time
(Jeffrey Agrell)

3.Olympic Fanfare and Thema
(John Williams)

4.Suite for Trombone
Ⅰ.Fanfare
Ⅱ.Galop
Ⅲ.Lullaby
Ⅳ.Finale
(Goff Richards)

5.Tokyo Triptych
Ⅰ.Shinjuku
Ⅱ.Sengakuji
Ⅲ.Shibuya
(Philip Sparke)